安井 航平

安心して働ける環境で、
じっくり成長中!

安井 航平  株式会社コバヤシ  金属工事部  施工管理職  2014年入社

キッカケは会社説明会。
抱える不安も、社長が1対1で聴いてくれた

会社説明会で何社か回った中で、㈱コバヤシは社長自ら説明をし、1対1で話を聴いてくれました。もともと建設業界を志望していたわけではありませんが、社長から建設業が社会にどれだけ影響を与えているかという話を聞いて、面白そうだと思ったことと、親身になってくれたことが大きかったで
す。
実は在学中に2回入院し、体調に不安を感じていましたが、説明会で社長に相談したところ「大丈夫」と。それで安心して、この会社を受けてみようと思いました。晴れて入社することができた私ですが、実は入社1か月でまた入院してしまって…。入社して早々だったので申し訳なく思いましたが、社長は「そんなの大したことじゃないよ」と言ってくれてホッとしたのと同時に、この会社でがんばろうという気持ちを一層強くしました。

Image
Image

1年間はじっくり研修。研修期間と上司の存在が、かけがえのないものに

私は金属工事の施工担当として、鉄製てすりや金物類の手配から図面の打ち合わせ、現場実測など、工事完了までの調整を行っています。入社して1年間は研修期間として、一人前になるための必要な知識を習得していきますが、その期間中、上司には車の運転練習もずいぶんと付き合ってもらったことが、忘れられない思い出です。
取引先の現場所長や職人さん方は私より年上の方がほとんど。年上の方へお願いする立場は大変ですが、素直な気持ちで「お願いします」と言えばわかってもらえますし、今では可愛がられていると思います(笑)問題が生じたらとにかく上司へ相談。上司の存在と研修時代の経験があったから今があると感じます。

今後はオーダーものが多い分譲マンションに挑戦
したい

今は賃貸物件の案件を主に担当していますが、今後は分譲マンションも担当してみたいと思っています。分譲案件は工期が長くて取扱い商品もオーダーものが多く、調整が賃貸より複雑です。以前、大型案件を担当して、上司に相談しながら何とか完成した時は「自分がこの現場をやったんだ」と大きな達成感がありました。分譲マンションを担当すれば、新しく勉強することも多く大変だと思いますが、マンションが出来上がったときの達成感はひとしおだろうなと思います。そのときに備えて、知識と経験を深めていきたいです。
この仕事は覚えることが多く、上司も厳しいです。だけど、必ず助けてくれます。相手が困らないよう早めに手配する、素直に謝る。それも上司からの教訓として大事にしています。

Image

SCHEDULE

ある1日のスケジュール

08:00出社・FAX、メールチェック
09:00現場移動
10:00現場打合せ・現場実測作業
12:00昼休憩
13:00次の現場移動
14:00現場担当者と打ち合わせ
15:00現場安全パトロール作業
16:00帰社・打ち合わせ内容確認、事務作業
18:00退社
Image
Scroll topScroll top